くらし設計室 ARCHITECT OFFICE

「小さな家。時をつむぐ、豊かな暮らし」

4月29日発売の「小さな家。時をつむぐ、豊かな暮らし」に
『長久手の家』が掲載されています。

余分なものはない、だけど豊かな家。
大切なのは、広さよりも心地よさ。
小さな家には、日々の豊かな暮らし、心地よい時間が宿っている。

私たちも尊敬する建築家の住宅や魅力的な暮らしの14軒の住まいが紹介されています。
書店へお出掛けの際は、ぜひ手に取ってみてください。

http://www.xknowledge.co.jp/book/detail/XK9784767823119

2017年05月01日 │ works:長久手の家, 掲載誌

三原の家:祝上棟

周囲の山々がうすい緑色に染まり
反射した光が柔らかく目に眩しい新緑の季節
「三原の家」が上棟を迎えました。

前日の雨が嘘のように‥好天に恵まれ、
棟梁の指揮のもと、柱や梁がどんどん組みあがっていきます。
難所であった1階屋根の棟木も、棟梁の采配でうまく納まりほっとしました。


吉野杉の美しい架構とこの場所の自然を感じられる気持ちの良い住まいになりそうです。

上棟の一日をご家族皆さまで見守ってくださった
建主ご家族のあたたかさに感謝します。

2017年04月28日 │ works:三原の家

霞町のアトリエ:竣工しました

先月「霞町のアトリエ」が竣工し、無事にお引渡しを終えました。

商店街に面した敷地ですが、アプローチを兼ねた中庭に
一歩足を踏み入れると‥そこには穏やかな空気が流れています。

中庭を囲むように配置した諸室は、
居場所を変えるごとに、また時間の変化とともに
新鮮な景色と気持ちをもたらしてくれます。

お引越しのあと、お手持ちの家具や道具が空間によく馴染んで
建主ご夫妻がこの場所を愉しんで住みこなされている様子が
私たちにとってはとても嬉しく‥幸せな気持ちで満たされました。

2017年04月24日 │ works:霞町のアトリエ

吉野杉


日本で最も植林の歴史が古い地域のひとつ、奈良県の吉野。
一般的な林業では1町歩(約1万m2)あたり約3,000本植えるのが植林の目安ですが、
吉野林業ではなんと1町歩に8,000本〜10,000本もの木が植えられます。
密集して木を植えることで木の成長を遅らせ、目の詰まった木を育てるのです。
年輪幅が狭く強度のある木になる上、木目も非常に美しくなる吉野杉‥

そんな吉野杉を「三原の家」では構造材に使います。
昨日は奈良県吉野の坂口製材所へ材料検査に行ってきました。

木の住まいの設計に大切な「木配り」
木材の適材適所を見極めて、どの材料をどの場所・どの向きに配置していくかを棟梁と一緒に決めていきます。

1本1本の材料がどのように生まれ、育てられ、どのように使っていくかということを
製材所・施工者・設計者そして住まい手が共有して進めることが
良質な住まいをつくることにつながっていくと信じています。




坂口製材所の坂口さんのご厚意で昨夏開催の「HOUSE VISION2」で発表された
「吉野杉の家」(設計:長谷川豪)を見学させていただきました。
昔から変わらない吉野川の風景と建築の佇まいがとても美しかったです。

2017年04月05日 │ works:三原の家

worksを更新しました

昨年の秋‥写真家の笹倉さんに撮影して頂いた
「蔵王の家」の竣工写真をWorksに掲載しました。

自然に寄り添うような外とのつながりをもつ建築となっています。

2017年04月03日 │ works:蔵王の家

チルチンびと 91号

先日「チルチンびと住宅建築賞」の授与式があり、
尊敬する建築家の方から直接選評を頂きました。

デザイン性と「用・強・美」のバランスがとれた優れた作品であり、
土間の吹き抜けを囲んで屋根裏までの隅々を使い切っている空間構成、
使い勝手の良い水廻りの動線計画などを評価いただきました。

懇親会では審査員の方々と住宅設計についてお話しができ、
全国の同世代の設計者とも意見交換ができ、とても刺激を頂いた一日でした。

今後も一つ一つの住宅の設計に真摯に取り組んでいきたいと思います。

詳細は3月11日発売の「チルチンびと 91号」に掲載されておりますので
書店でお見かけの際は、ぜひ手にとってみてください。

最後になりましたが、
「田尻の家」のお施主様・施工していただきました工事関係者の皆様に
あらためて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

2017年03月11日 │ 受賞, 掲載誌

三原の家

草木が芽吹く季節になりました‥

築城450年に賑わう三原市にて、あらたなプロジェクトがはじまります。
「三原の家」は切妻屋根が二段に連なる単純な構成のなかに
屋根に沿って変化する居場所が巡る愉しさを与えてくれます。

春が訪れたような気持ちのよい空の下、地鎮祭が執り行われました。
ご一家の繁栄を願い神主さんから頂いた「いやさかに‥」という言葉が
着工にふさわしく輝いて‥清々しいはじまりの日となりました。

2017年03月06日 │ works:三原の家

「御門の家」内覧会のお知らせ

くらし設計室が設計監理をした住宅が、福山市御門町に完成します。
この度、お施主さまのご厚意により予約制で内覧会をさせて頂きます。

「御門の家」は、前庭・内庭・中庭の三つの庭をもつ住まいです。
それぞれの居場所をつくりながら、緩やかにつながった構成とすることで
広がりが生まれるように設計しました。

家づくりをお考えで内覧をご希望の方は、下記までメールをお送りください。
お名前、人数、ご希望の見学時間をお知らせください。
折り返しご案内をお送り致します。

■ 日時:2月18日 土曜日 / 11:00〜17:00

info@kurashi-sekkei.com

2017年02月02日 │ works:御門の家, 見学会

ページトップヘ