くらし設計室 ARCHITECT OFFICE

建築知識2024年2月号

2月1日発売の「建築知識2024年2月号 木のデザイン図鑑」発行:エクスナレッジに
『霞町のアトリエ』が掲載されています。

木造建築物の基礎知識や、様々な規模の建物に木材を活用する工夫が紹介されています。

https://www.xknowledge.co.jp/book/4910034290246

書店にお出かけの際は、ぜひ手に取ってみてください。

2024年02月07日 │ works:霞町のアトリエ, 掲載誌

worksを更新しました

「南北庭の家」「水呑向丘の家」2つの住まいをworksに追加しました。

どちらの住まいも 光や風、空や緑などの自然の気配が生活と共にある
住まい手にとって、心安らぐ居場所であることを目指しました。

「南北庭の家」

「水呑向丘の家」

2024年02月06日 │ works:南北庭の家, works:水呑向丘の家

新年の挨拶 2024

あけましておめでとうございます。

私たちの重ねる、一つひとつの仕事の断片が
皆さまの心豊かな暮らしをつくる、一助となりますよう‥

今年もどうぞよろしくお願い致します。

2024年01月05日 │ 日々のこと

本年もありがとうございました

行く年を惜しみながら新年に希望を馳せる頃となりました。
くらし設計室は12/29〜1/4までお休みを頂きます。
新しい年が皆様にとって佳き年でありますように。

2023年12月28日 │ 日々のこと

水呑向丘の家

福山市郊外の高台にある団地の縁に建つ、小さなアトリエを持つ住宅です。

ロ字形を敷地に沿って少し開いたような平面は
地域に開かれたアトリエとプライバシーを確保した中庭、
そして内側に展開する長い動線をつくり…内を巡る愉しみや外へ向かう意識を誘います。

敷地の東側には手が届きそうなほど近くに桜の木が連なり…巡る季節を語りかけてきます。
自然と生活が共に在るように、建主の生み出す作品もまた生活とともに在るような
職住一体の住まいです。





photo by Yohei Sasakura

2023年10月03日 │ works:水呑向丘の家

建築知識2023年8月号

7月20日発売の「建築知識2023年8月号 世界一美しい平屋の作り方」に
『久松台の家』 『坪生の家』 『赤坂の家』 『千田の家』 『続・三原の家』 の5つの住まいが掲載されています。

平屋にまつわる基礎知識に加え、
視線は遮り外とのつながりを楽しむ家、断面の工夫で居心地をつくる住まい、ペットと暮らす平屋など
平屋の設計の工夫が立体イラストでわかりやすく紹介されています。

https://www.xknowledge.co.jp/book/4910034290833

書店にお出かけの際は、ぜひ手に取ってみてください。

2023年07月21日 │ works:久松台の家, works:千田の家, works:坪生の家, works:続・三原の家, works:赤坂の家, 掲載誌

worksを更新しました

「吉祥寺の家」をworksに追加しました。

かけがえのないものを仕舞う宝箱のような
16坪の小さくて愛おしい住宅です。

https://kurashi-sekkei.com/works/housing_23/

2023年06月06日 │ works:吉祥寺の家

新緑の候

新緑が目に爽やかな季節になりました・・
若葉が風に揺れると 心が少し軽くなるようです。

くらし設計室は5/3〜5/7までお休みを頂きます。

2023年05月02日 │ works:くらしの家, 日々のこと

ページトップヘ