くらし設計室 ARCHITECT OFFICE

新年の挨拶 2020

あけましておめでとうございます。

昨年は いくつもの敷地を巡り、固有の土地と向き合うことを重ねるうちに
人間も自然の一部だということを実感する機会が多くありました。

わたしたちの暮らすこの世界には、ままならないことも多く
光と影どちらをも内包する日常であるからこそ
そのなかにある柔らかい光を捉えた
人生の拠り所となり得る住まいを、かたちにしてみたいと‥
強い気持ちが湧いてきます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

2020年01月07日 │ 日々のこと

くらし設計室の仲間たち-ひとりと一匹-

酷暑の候 蝉時雨の降りそそぐ夏の盛りとなりました‥

くらし設計室は、この夏で7周年を迎えます。
私たちを信頼し住宅設計を依頼してくださるお客さま‥
悩みながらも堅実にかたちにしてくださる現場の方たち‥
新鮮な考え、おもしろい場所、ものづくりへの熱意など
ジャンルもさまざまに、さりげなく教えてくれる魅力的な知人たち‥
たくさんの人たちに支えられて今この時を迎えていることに、改めて感謝します。

そして、この度はくらし設計室に加わった仲間たちを紹介します。

スタッフの 今川祐希さん
趣味はカフェめぐり。
小さい(small)ものに目がなく、小さいものコレクターでもある。

看板犬の はな
キャバリアの女の子。動くものが大好きで飛びつきがち。
日々いたずら好きなやんちゃぶりが増している。

今川さんからは、目の前のことに全力で取り組むひたむきさを‥
はなからは、理屈でなく本能で選びとる思考力を‥
教えてもらっています。

今後とも、「くらし設計室」をどうぞよろしくお願い致します。

2019年08月09日 │ 日々のこと

新年のご挨拶2019

あけましておめでとうございます。
くらし設計室は、今日から仕事初めです。

年末年始には休暇をいただき、高松へ日帰り旅へ出掛けました。
クライアントに紹介していただいた「まちのシューレ963」にて
野菜たっぷりのお正月ランチをいただき
これから始まる一年に向けて、栄養を蓄えて参りました。
https://www.schule.jp/

その後、高松市内の栗林公園内に在る「掬月亭」へ。
部屋へ一歩踏み入れた途端、胸がすくような開放感‥
軽快さを持つ佇まいと、遊び心がありながらも品格のある空気。

設計という仕事と向き合うなかで、大切にしたい要素を実感しました。
この一年、心躍るものや人・時間との出会いに期待を込めて。

皆さま、本年もどうぞよろしくお願い致します。

2019年01月07日 │ , 日々のこと

くらし設計室:事務所を移転しました


私たちの自宅兼事務所「くらしの家」から水路沿いに徒歩30秒‥
築50年の木造平屋建てに手を加え、
この度「くらし設計室」事務所を移転しました。

たくさんの人たちのお力添えのおかげで、
簡素でありながらも落ち着いて設計に没頭できる拠り所が出来ました。
新たな場所で、設計という仕事と献身的に向き合っていきたいと思います。

今後とも「くらし設計室」の二つの拠点をどうぞ宜しくお願い致します。

くらし設計室
(新事務所)720-0082 広島県福山市木之庄町2-12-26 くらし設計室アトリエ
(自宅兼事務所)720-0082 広島県福山市木之庄町2-12-23 くらしの家



設計:くらし設計室 / 穂垣友康・穂垣貴子
施工:ホーム
家具:ヤリヤ家具店 / 鎗屋大輔
玄関照明・表札・ポスト:tessen / 山田幸一郎

2018年01月18日 │ くらし設計室について, 日々のこと

今年一年ありがとうございました

寒さがいちだんと増し‥2017年も暮れようとしております。

くらし設計室は今年、たくさんの人に支えられた一年でした。
みなさま本当にありがとうございました。

くらし設計室は12/29(金)~1/4(木)までお休みをいただきます。

どうぞよいお年をお迎えください。

2017年12月27日 │ 日々のこと

吉野材の住まい

人が想い描く理想の家に寄り添い、
さまざまな表情をみせる
奈良、吉野の木。
そんな魅力を愛する建築家と、
吉野で70年以上にわたり製材業を営む阪口製材所
そして住み手の想いが響きあい生まれた住まい。

9組の建築家の吉野材の住まいが紹介された冊子ができあがりました。
くらし設計室の「風谷の家」も掲載されております。

興味がある方はご連絡いただければ、郵送させていただきます。
info@kurashi-sekkei.com

2017年09月19日 │ 掲載誌, 日々のこと

worksを更新しました

「風谷の家」 「御門の家」 「霞町のアトリエ」の竣工写真をWorksに掲載しました。

それぞれの場所性を活かした豊かな住まいとなっています。


2017年08月10日 │ 日々のこと

吉村順三記念ギャラリー

先日、東京へ仕事で出掛ける機会があり
打合せ後にその足で目白にある「吉村順三記念ギャラリー」を尋ねました。

1階は来客対応のための打合せ室となっていて
吉村先生専用の応接室は、床を一段下げた絨毯敷きの落ち着く空間でした。
2階の個室から専用階段で降りて来られる姿を想像すると‥
実用的であり、また動線に遊び心をも感じます。

吉村事務所OBの大先輩から、丁寧にお話しを伺うことができ
数種類の「折り畳み椅子」の組み立てを実演して頂いて
吉村順三先生の仕事を少しだけ垣間見る、貴重な時間を過ごすことができました。

2017年07月14日 │ 日々のこと

ページトップヘ