くらし設計室 ARCHITECT OFFICE

御門の家:一年後の暮らし

柔らかな陽射しに草木が映える季節となりました。
先日、お引渡しから約一年が経った「御門の家」にお邪魔しました。

家のなかでも毎日の食事を掌るキッチンは、重要な場所ですが
御門の家のそれは、暮らしに合わせてあつらえた「別注のキッチン」です。
一年の暮らしのなかで、すっかり働く台所になった姿をご紹介します。

「台所の日常の様子をご紹介したいのですが‥」という私たちのお願いを
笑顔で承知してくださった奥さま‥ありがとうございます


背面カウンターには、あるべき場所にあるべき家電を配置します


ステンレスかごの野菜置き場と、扉内の米びつ‥食材のストックもぬかりなく


気になる引出しの中は‥しっかりと詰まっています


天井高さ2100㎜の吊戸棚は、踏み台なしで上段まで手が届くそう


背面カウンターでの配膳、手元を照らすのは‥


明かり採り障子からの自然光です、張地は麻レースのカーテン生地


シンク下はごみ箱置き場、ミーレの食洗機はやはり大容量!


キッチン天板とシンクは人造大理石、継ぎ目のないシームレス加工
手元にはわずか20㎜の立上りを設けています
このあたりの細やかさは「別注のキッチン」ならではです
向こうに見える中庭の景色に、ほっと心が落ち着きます

「御門の家」とともに毎日を歩んでくださっているお施主さまご家族
キッチン製作に妥協なくお付き合いくださった松岡製作所さんに
心から感謝を込めて‥これからもよろしくお願いします。

2018年04月09日 │ works:御門の家

写真撮影

先日、「霞町のアトリエ」と「御門の家」の竣工写真を撮影しました。
お引渡しから数ヶ月たち、どちらの住まいも日々の暮らしを楽しまれているようで
建築も住まい手の個性が出てより魅力的な空間になっていました。
中庭型の2つの住まいは、内部の暮らしぶりが感じられる夕景のシーンがとても綺麗でした。

「霞町のアトリエ」

「御門の家」

2017年05月19日 │ works:御門の家, works:霞町のアトリエ

「御門の家」内覧会のお知らせ

くらし設計室が設計監理をした住宅が、福山市御門町に完成します。
この度、お施主さまのご厚意により予約制で内覧会をさせて頂きます。

「御門の家」は、前庭・内庭・中庭の三つの庭をもつ住まいです。
それぞれの居場所をつくりながら、緩やかにつながった構成とすることで
広がりが生まれるように設計しました。

家づくりをお考えで内覧をご希望の方は、下記までメールをお送りください。
お名前、人数、ご希望の見学時間をお知らせください。
折り返しご案内をお送り致します。

■ 日時:2月18日 土曜日 / 11:00〜17:00

info@kurashi-sekkei.com

2017年02月02日 │ works:御門の家, 見学会

御門の家:祝上棟

秋風が心地よい季節となりました‥
先日、初秋の澄みわたる空気の中「御門の家」が無事に上棟を迎えました。

前面道路は車や人の通りが絶えない賑やかな場所にあるため
通りかかりの方たちにも見守られながら‥
上棟日に特有の、お祭りのような雰囲気のなかで行われました。

上棟式にはご家族皆さまに駆けつけていただき
無事に棟上げが出来たことを感謝し、建物の無事の完成を祈願しました。

架構が組み上がると‥
意識が中庭に向かう、落ち着いた住まいの性格が表れます。
徐々に表情を変えてゆく現場に通うのが、やはり楽しみです。

2016年09月23日 │ works:御門の家

御門の家:地鎮祭

緑豊かな公園が集まる福山市の中心部‥
「この場所で暮らしてゆきたい」というお施主さまご家族の強い意志が
この敷地とのご縁を引き寄せたような‥運命的な出会いでした。

市街地であり、前面道路は車や人の通りが絶えない場所であるため
中央に中庭を設け、その中庭へ向けて各室を開いた「中庭型」の住まいとなりました。

そして先日、地鎮祭が執り行われました。
当日は梅雨が過ぎ去ったかのような晴れ間で、青空が着工を祝っているようでした。

神主の祝詞を子守唄に寝入った息子さんの寝顔に
完成した住まいを駆け廻る姿を想像しながら‥
献身的にお客様と、そして現場と、向き合っていきたいと思います。

2016年07月05日 │ works:御門の家

ページトップヘ