くらし設計室 ARCHITECT OFFICE

吉野材の住まい

人が想い描く理想の家に寄り添い、
さまざまな表情をみせる
奈良、吉野の木。
そんな魅力を愛する建築家と、
吉野で70年以上にわたり製材業を営む阪口製材所
そして住み手の想いが響きあい生まれた住まい。

9組の建築家の吉野材の住まいが紹介された冊子ができあがりました。
くらし設計室の「風谷の家」も掲載されております。

興味がある方はご連絡いただければ、郵送させていただきます。
info@kurashi-sekkei.com

2017年09月19日 │ 掲載誌, 日々のこと

worksを更新しました

「風谷の家」 「御門の家」 「霞町のアトリエ」の竣工写真をWorksに掲載しました。

それぞれの場所性を活かした豊かな住まいとなっています。


2017年08月10日 │ 日々のこと

吉村順三記念ギャラリー

先日、東京へ仕事で出掛ける機会があり
打合せ後にその足で目白にある「吉村順三記念ギャラリー」を尋ねました。

1階は来客対応のための打合せ室となっていて
吉村先生専用の応接室は、床を一段下げた絨毯敷きの落ち着く空間でした。
2階の個室から専用階段で降りて来られる姿を想像すると‥
実用的であり、また動線に遊び心をも感じます。

吉村事務所OBの大先輩から、丁寧にお話しを伺うことができ
数種類の「折り畳み椅子」の組み立てを実演して頂いて
吉村順三先生の仕事を少しだけ垣間見る、貴重な時間を過ごすことができました。

2017年07月14日 │ 日々のこと

本年もありがとうございました

くらし設計室は12/29(木)~1/4(水)まで年末年始休暇を頂きます。
新しい年が皆様にとって健やかな一年でありますように。

2016年12月28日 │ 日々のこと

秋を暮らす

尾道の光明寺會館にて..
「この場所で生まれる音楽」に浸る穏やかな時間

-もうひとつのワルツ-
FOLKLORE + 内田 輝
トウヤマタケオ

よく晴れた休日..閑谷学校講堂(岡山県)

石塀越しに見える大屋根の大胆さに引き寄せられ..
花頭窓が切り取る風景と、磨き込まれた板敷きの光に
自然と背筋を正される清々しい空間でした。



楷の木の紅葉が目に鮮やかで、秋の色を心に刻む一日..

2016年11月18日 │ 日々のこと

worksを更新しました

この夏‥写真家の笹倉さんに撮影して頂いた
「井原の家」と「若松の離れ」の竣工写真が出来あがり
Worksに掲載しました。

そして竣工してから1年半が経過した「田尻の家」は
緑豊かな夏の写真をworksに新たに加えました。

瑞々しい季節感とともに是非ご覧ください。
http://kurashi-sekkei.com/works/

2016年10月20日 │ 日々のこと

祈りの音楽


すこし涼しくなった夏の夕暮れ時、世界平和記念聖堂へ。
haruka nakamura PIANO ENSEMBLE 「音楽のある風景」
静寂の中で演者と聴者一体となって昇華していくような空気感。
静かで、あたたかく、美しい‥
色々な感情が呼び覚まされる幸せな時間でした。

2016年08月29日 │ 日々のこと

写真撮影

先日、「若松の離れ」の竣工写真と「田尻の家」の夏の写真を
写真家の笹倉さんに撮影していただきました。
梅雨の影響で何度も延期した撮影でしたが、
待った甲斐もあり暑すぎるくらいの絶好の撮影日和でした。


いつも笑顔で私たちを迎え入れてくれるクライアントには本当に感謝です。
住み始めてから時間が経過した2つの住まいは、
それぞれに住まい手の個性が出ていて、とても居心地の良い場所になっていました。


撮影の最後は、「田尻の家」のクライアントの船に乗せていただき、しまなみクルーズ!

2016年07月23日 │ 日々のこと

ページトップヘ