くらし設計室 ARCHITECT OFFICE

吉野材の住まい

人が想い描く理想の家に寄り添い、
さまざまな表情をみせる
奈良、吉野の木。
そんな魅力を愛する建築家と、
吉野で70年以上にわたり製材業を営む阪口製材所
そして住み手の想いが響きあい生まれた住まい。

9組の建築家の吉野材の住まいが紹介された冊子ができあがりました。
くらし設計室の「風谷の家」も掲載されております。

興味がある方はご連絡いただければ、郵送させていただきます。
info@kurashi-sekkei.com

2017年09月19日 │ 掲載誌, 日々のこと

住宅建築 2017年10月号

8月19日発売の「住宅建築 2017年10月号」
特集-佇まいとプロポーション-に
『蔵王の家』が掲載されています。

『蔵王の家』は福山市東部の緑がまだ多く残る場所に建つ二世帯住宅です。
二世帯をつなぐ大きな片流れ屋根と縁側を持つ水平な下屋根。
二枚の屋根がその場所だからこそできる環境とのつながりを生み出しています。

書店へお出掛けの際は、ぜひご覧ください。

http://www2.ksknet.co.jp/book/jk/

2017年08月21日 │ works:蔵王の家, 掲載誌

建築知識 2017年8月号

7月20日発売の「建築知識 2017年8月号 木造住宅のすごい新常識」に
『長久手の家』のリビングの工夫が掲載されています。

リビングを1箇所に設けるのではなく、
プライバシー性の高さに応じてリビングを分割配置する考えです。

他にも私たちが参考にしたいような設計の工夫が紹介されています。
書店へお出掛けの際は、ぜひ手に取ってみてください。

http://www.xknowledge.co.jp/kenchi/news/

2017年07月21日 │ works:長久手の家, 掲載誌

「小さな家。時をつむぐ、豊かな暮らし」

4月29日発売の「小さな家。時をつむぐ、豊かな暮らし」に
『長久手の家』が掲載されています。

余分なものはない、だけど豊かな家。
大切なのは、広さよりも心地よさ。
小さな家には、日々の豊かな暮らし、心地よい時間が宿っている。

私たちも尊敬する建築家の住宅や魅力的な暮らしの14軒の住まいが紹介されています。
書店へお出掛けの際は、ぜひ手に取ってみてください。

http://www.xknowledge.co.jp/book/detail/XK9784767823119

2017年05月01日 │ works:長久手の家, 掲載誌

チルチンびと 91号

先日「チルチンびと住宅建築賞」の授与式があり、
尊敬する建築家の方から直接選評を頂きました。

デザイン性と「用・強・美」のバランスがとれた優れた作品であり、
土間の吹き抜けを囲んで屋根裏までの隅々を使い切っている空間構成、
使い勝手の良い水廻りの動線計画などを評価いただきました。

懇親会では審査員の方々と住宅設計についてお話しができ、
全国の同世代の設計者とも意見交換ができ、とても刺激を頂いた一日でした。

今後も一つ一つの住宅の設計に真摯に取り組んでいきたいと思います。

詳細は3月11日発売の「チルチンびと 91号」に掲載されておりますので
書店でお見かけの際は、ぜひ手にとってみてください。

最後になりましたが、
「田尻の家」のお施主様・施工していただきました工事関係者の皆様に
あらためて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

2017年03月11日 │ 受賞, 掲載誌

住宅建築 2016年6月号

4月19日発売の「住宅建築 2016年6月号」
特集-現代の居職空間-に
『くらしの家』と『田尻の家』が掲載されています。

『くらしの家』は祖父の建てた築38年の木造戸建を改修した
私たちの住まいと設計事務所です。

『田尻の家』はご家族3人と建主の姉との「二世帯住宅」と
構造設計者である建主の「アトリエ」という3つの機能を持つ
瀬戸内の自然環境と共生する住まいです。

住まいと職がともにある二つの住宅を取材していただきました。

書店へお出掛けの際は、ぜひご覧ください。

http://www2.ksknet.co.jp/book/jk/

2016年04月19日 │ 掲載誌

住まいの設計 2016年5・6月号

3月19日発売の「住まいの設計 2016.5→6 No.664」
特集「いい家には、楽しいキッチン」に
『長久手の家』が掲載されています。

取材当日はキッチンで実際にお料理をしていただきながら
設計段階での私たちとのやりとりや、現在の暮らしぶりなど
丁寧に取材に応じてくださいました。

お引越しからちょうど一年が経ち‥
四季を巡っての実感をお伺いできた、貴重な機会となりました。
何より久しぶりに訪れた『長久手の家』はとても居心地がよく、
ご家族の笑顔とその暮らしぶりに、心があたたかくなりました。

取材に協力してくださった、お施主さまご夫妻とお嬢さんたち
そして施工者の菊原さんに、心から感謝しています。
本当にありがとうございました。

http://www.fusosha.co.jp/sumai/newissue/

2016年03月25日 │ 掲載誌

coccala 2016春号 vol.2

3月10日発売の広島の情報誌「coccala(コッカラ)」に
−想いをカタチにしてくれる建築事務所−として
『くらし設計室』を紹介していただきました。

広島県内に暮らす多彩な人々を紹介する特集があり
私たちもお会いしたことのある魅力的な人物や‥
その暮らしぶりに思わず会いに行きたくなる人たちが紹介されています。

書店へお出掛けの際は、ぜひ手に取ってみてください。

2016年03月11日 │ 掲載誌

12

ページトップヘ