くらし設計室 ARCHITECT OFFICE

第9回JIA中国建築大賞2017

第9回JIA中国建築大賞2017において
「風谷の家」が住宅部門 優秀賞を頂きました。


この賞に応募しようと思ったきっかけは、古民家再生工房さんの30周年記念の展覧会を拝見し、
今回の賞の審査員長である内藤廣さんの講演会を聞いたことでした。
私自身も建築を作るときに「地域としての建築とは何か」ということを考えて設計をしているので、
尊敬する建築家の方達に設計した住宅を実際に見てもらい、講評を頂きたいと思い応募しました。

現地審査に快く応じて下さいましたお施主さま、
施工していただきました工事関係者の皆様に
あらためて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

審査員の方からは、
「文句なく完成度の高い建物です。施主は家具の製作所のオーナーで、さほど広くない谷間の工場の跡地に建てられています。斜面地で敷地条件はとても難しかったと思いますが、それを見事に解いています。建物にアプローチするあたりの構成がとても素晴らしい。吉村順三を思わせる立ち姿とディテール、ずいぶん吉村さんについて勉強したんだろうな、と思いました。印象的だったのは、リビングダイニングの一段高くなった作り付けソファのあるスペース。さして広くないのですが、身の置き所があるとても居心地の良い空間でした。」と講評して頂きました。

今後もそれぞれの敷地の場所性を活かした住まいをつくり、地域としての建築を考えていきたいと思います。

第9回JIA中国建築大賞2017

主催:日本建築家協会中国支部

審査委員長:内藤廣

審査委員:楢村徹、村重保則、前田圭介

「風谷の家」
設計:くらし設計室 / 穂垣友康・穂垣貴子
施工:ホーム
特注ソファ:心石工芸
造園:庭屋sora*niwa / 高岡征洋
写真:小川重雄




2017年11月21日 │ works:風谷の家, 受賞

チルチンびと 91号

先日「チルチンびと住宅建築賞」の授与式があり、
尊敬する建築家の方から直接選評を頂きました。

デザイン性と「用・強・美」のバランスがとれた優れた作品であり、
土間の吹き抜けを囲んで屋根裏までの隅々を使い切っている空間構成、
使い勝手の良い水廻りの動線計画などを評価いただきました。

懇親会では審査員の方々と住宅設計についてお話しができ、
全国の同世代の設計者とも意見交換ができ、とても刺激を頂いた一日でした。

今後も一つ一つの住宅の設計に真摯に取り組んでいきたいと思います。

詳細は3月11日発売の「チルチンびと 91号」に掲載されておりますので
書店でお見かけの際は、ぜひ手にとってみてください。

最後になりましたが、
「田尻の家」のお施主様・施工していただきました工事関係者の皆様に
あらためて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

2017年03月11日 │ 受賞, 掲載誌

チルチンびと住宅建築賞2016


2016年度 第5回 チルチンびと住宅建築賞「若手建築家部門」にて
「田尻の家」を優秀賞に選んで頂きました。

−風土に根ざした住文化を創造する上で、大切な担い手となる
木造を設計する優秀な若手設計者の発掘を目的とした賞です−

募集要項に記してあった、そんな一文に奮い立ち‥
私たちもその「担い手」でありたいと強く意識し、応募した賞でした。

ちょうど2年前の年末に完成した「田尻の家」
家や庭に愛情を持って、丁寧に暮らしてくださっているお施主さま、
施工していただきました工事関係者の皆様に
あらためて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

これを励みに‥今後も自分たちの歩幅で
地域に根ざし、暮らしと向き合っていきたいと思います。

2016年度 第5回『チルチンびと住宅建築賞』
主催:株式会社 風土社
審査委員長:泉 幸甫
審査委員:田中敏溥、大野正博、藤井 章、横内敏人、松本直子、水澤 悟、古泉 丞、植久哲男

「田尻の家」
設計:くらし設計室 / 穂垣友康・穂垣貴子
施工:ホーム
造園:作庭衆 庭譚 / 橋本善次郎
家具:ヤリヤ家具店 / 鎗屋大輔
写真:笹の倉舎 / 笹倉洋平

2016年12月15日 │ 受賞

ひろしま住まいづくりコンクール2015

広島県主催の「ひろしま住まいづくりコンクール2015」において
田尻の家が新築部門「優秀賞」を頂きました。

住み手である建築主と、創り手である設計者・施工者が共同で
どのような「住まい」を実現するか‥がテーマとなるこのコンクール。
現地審査を経て、実現した住まいでの建築主の暮らしぶりから
そのなかに宿る「豊かさ」を評価して頂きました。

審査員の方からは
「この住宅は個人住宅であるが周辺の環境やコミュニティへの配慮がなされ周辺地域と住宅のあり方の好例である。
デザイン的に気負ったところが無く施主の要望に配慮しながら極細かいところまで丁寧にデザインされており
非常に好感の持てる住宅に仕上がっている。
自然素材や地場の職人家具を積極的に採用しながら地域性・場所性を活かしたバランスの取れた住まいづくりのお手本になる秀作である」
と評していただきました。

現地審査に快く応じてくださったお施主さまご家族に、あらためて感謝しています。
この場所での「豊かな暮らし」とは‥
私たちもこれから重ねてゆく日々のなかで、大切に自身に問いかけたいと思います。

http://www.hiroshima-sumai.com/concours-winning/田尻の家/

2016年03月23日 │ 受賞

第32回住まいのリフォームコンクール

今年で32回目を迎える「住まいのリフォームコンクール」
優れた住宅リフォーム事例として「くらしの家」が「優秀賞」に選ばれました。

全国から534件の応募があったなかで、私たちの取組みを評価して頂けたことを
素直に嬉しく思い‥
そして住宅の品質や性能を高める「適切な住宅リフォーム」の重要性を
あらためて実感する貴重な機会となりました。

審査員の方からは
「住居と事務所の二つの場を、決して広くはない建物に上手にしつらえた。
 家族の玄関や、打ち合わせ兼ダイニングの土間、屋根の形状に合わせた
 間仕切り上部の抜けなど、仕切りながら気配を感じるつくりが参考になる。
 庭まで含んだ各部の素材の活かし方は大変魅力的」
と評して頂きました。

新築はもちろん改修や増築など、住まい手に合った暮らし方を
この場所から提案していきたいと‥あらためて考えています。

https://www.chord.or.jp/tokei/contest_01.html

2015年11月05日 │ 受賞

第18回エコ電化住宅作品コンテスト2014

中国電力主催の「第18回エコ電化住宅作品コンテスト2014」において
「田尻の家」が新築部門の「佳作」に選ばれました。

http://www.energia-support.com/contest/2014/index.html

この住宅は、ご家族3人と建主の姉との「二世帯住宅」と建主の「アトリエ」という機能を備えています。建主からの要望は、まちに対して開いた暮らしができることでした。
敷地の北側に通り土間をもつL形の住宅を配置し、南北にできた余白を北庭と南庭の2つの庭とすることで、通り土間から南北の庭、そしてまちへと繋がるような「まちに開いた暮らし」ができる
瀬戸内の自然と共生する住まいを目指しました。

審査委員の方からは、通り庭、通り土間が内と外をあいまいにつなぎ、結果として「まちに開いて暮らす」という狙いが見事に実現された気持ちのよい住まいですとご講評いただきました。

私たちを信頼していただき設計の機会をくださった建主さま、
丁寧に施工していただいた工務店の皆様、
同じ思いでものづくりに取り組んでいただいた職人の皆様にあらためて感謝いたします。
ありがとうございました。

今後も一つひとつのプロジェクトに丁寧に向き合い、
この地域での豊かなくらしについて考えていきたいと思います。


くらし設計室
〒720-0082
広島県福山市木之庄町2-12-23
TEL:084-973-7202
FAX:084-973-7203
mail:info@kurashi-sekkei.com
HP:http://www.kurashi-sekkei.com/

2015年04月06日 │ 受賞

ひろしま住まいづくりコンクール2014

広島県主催の「ひろしま住まいづくりコンクール2014」において
くらしの家が「広島県知事賞」を頂きました。

地域に根ざし、向き合うなかで生まれる豊かな「くらし」とは…
私たちなりの取り組みを、評価して頂けたことを嬉しく思い
今後の活動に向けて、背中を押していただいたような…
とても励みになる経験となりました。

今後も変わらず、日々のくり返しを大切に生きるなかで
暮らしを包む「住まい」と真摯に向き合っていきたいと思っています。

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/108/sumaikonkuru2014.html

http://www.hiroshima-sumai.com/concours-winning/くらしの家/



くらし設計室
〒720-0082
広島県福山市木之庄町2-12-23
TEL:084-973-7202
FAX:084-973-7203
mail:info@kurashi-sekkei.com
HP:http://www.kurashi-sekkei.com/

2015年02月28日 │ 受賞

暮らしのフォトコンテスト 最優秀賞に選ばれました

ソファ製造を得意とする「心石工芸」が主催する
暮らしのフォトコンテスト【ソファのある毎日】にて
「くらしの家」が最優秀賞に選ばれました!
http://www.sofa-kokoroishi.jp/photocon/?page_id=272

”毎日の生活を丁寧に、こだわりをもって暮らすこと”
”そして本当に気に入るソファに出会えたら、大切に長く使って欲しい”
主催者のそんな気持ちに共感して私たちも応募しました。

「心石工芸」は実は福山市に本社のある会社で、
全国各地から応募があったにも関わらず…
同じ福山にある「くらしの家」が最優秀賞となったことにびっくりされていました。

私たちが結婚した年に手に入れた…緑色の思い出のソファ。
これから10年・20年・きっとその後も…共に暮らしてゆくつもりです。
その間にはバネの修理や、生地の張替えも必要になるはず。
今回の受賞で、私たちのソファライフに心強いご縁を頂いた気がします。

フォトコンテスト関係者の皆さま、この度はどうもありがとうございます。
そして、今後ともよろしくお願い致します。

くらし設計室
〒720-0082
広島県福山市木之庄町2-12-23
TEL:084-973-7202
FAX:084-973-7203
mail:info@kurashi-sekkei.com
HP:http://www.kurashi-sekkei.com/

2013年06月18日 │ 受賞

ページトップヘ